【最新レビュー】電動バウンサー「ママルー」の口コミと現役ママによる徹底調査!

 

今回ご紹介するママルーはアメリカのベビー用品会社「4moms」から販売されている電動バウンサーです。

料理や掃除中、ちょっと一息休みたい時、ママの代わりに赤ちゃんをあやしてくれるママルーは最強ベビーシッターバウンサーと呼ばれています。

今回はママルーのメリットやデメリット、さらに実際にママルーを使用したレビューや口コミをご紹介します。

 

1.電動バウンサー・ママルーとは?

ママルーとはアメリカのベビー用品会社「4moms」から販売されている電動バウンサーです。

医者や専門家慣習のもと製造されたママルーは赤ちゃんとママが快適に過ごせるアイテムとしてアメリカでは約300以上の病院で使用されています。

①ママのあやす動作を再現した5パターンの動き

ママルーはママが赤ちゃんをあやす動作を再現しています。「CAR RIDE」「KANGAROO」「TREE SWING」「ROCK A BYE」「WAVE」の5パターンの動きがあり、速度は1~5まで速度を調整することが可能です。

1.CAR RIDE  8の字を描くように
2.KANGAROO」 カンガルーのように上下に
3.TREE SWING」 Uの字を描くように
4.ROCK A BYE」 左右に
5.WAVE」 波のように円を描く

②専用アプリで遠隔操作を可能に

ママルーには専用アプリがありお手持ちのスマートフォンから遠隔操作が可能です。操作するたびにその場に行く必要がないのでなかなか手が離せないママには嬉しいポイントです。

③赤ちゃんが安心できる内臓音を搭載

ママルーには赤ちゃんが安心すると言われている「胎内音」「扇風機の音」「雨音」「波の音」が搭載されています。ママが側にいなくても赤ちゃんはリラックスして過ごすことが出来ます。さらに付属のイヤホンジャックでお手持ちの音楽プレーヤーと接続すれば好きな音楽を流すことも可能です。

④赤ちゃんの体勢に合わせた無段階リクライニングシート

ママルーのリクライニングシートは140度から160度まで自在に調整できる無段階リクライニングシートです。赤ちゃんの体勢や月齢に合わせて角度を調整することができます。

2、実際にママルーを使用したレビュー

それではさっそく組み立てから完成まで、そして実際に4カ月の娘をママルーに乗せたレビューを紹介します。

①組み立て~完成まで

それではさっそく組み立ててみましょう。

▲パーツは全部で10個に分かれています。

まずは土台後部にあるストッパーを解除します。

▲ストッパーがかかっていない状態

▲ストッパーがかかっている状態

フロントバーをストッパー上部に差し込み再度ストッパーをかけます。

▲フロントバーの差し込み口

フロントバー前方にフロントエンドキャップを取り付けます。

サイドバーをフロントバーの左右両側に差し込みます。

リクライニングシートを取り付けます。リクライニングシートはチャック式になっているのでチャック先端の金具を取り付けたらそのままチャックを閉め、リクライニングシートの前方、後方にあるボタンを閉めます。

▲リクライニングシートの装着前はこんな感じ

シートベルトをリクライニングシートの裏側から取り付けます。

▲シートベルトをシート裏から通すと…

▲表面に出てきてシートベルトに

トイバーにトイボールを差し込みます。

トイバーを差込口に合わせて取り付けます。

最後に電源プラグを取り付けたら完成です。

組み立ては10分程度で完成しました。

説明書に組み立て方がイラスト付きで掲載されているので1人でも簡単に組み立て可能です。

実際に完成したママルーがこちらです。

▲液晶画面の様子(操作は右側のボタンで行う)

②赤ちゃんに合わせた細かな設定が可能

バウンサーは赤ちゃんによって合う・合わない不向きがありますが、ママルーは5パターンの動き、速度調整、4パターンの内臓音の機能が搭載されているので赤ちゃんに合った動きが見つかりそうです。

実際に娘はゆっくりとした揺れや横揺れはあまり好みじゃないようで途中でぐずってしまいましたが、縦にも動きのある「KANGAROO」の動きで速度を速めの4~5、扇風機の音が流れるように設定すると途中から泣くことなく落ち着いて過ごすことが出来ました。

一方でママルーには振動機能はないので小刻みな揺れが好みの赤ちゃんには向いていないかもしれません。

③視覚発達を促すトイボールに興味津々!

ママルーの上部にはトイボールが付いています。このトイボールは赤ちゃんが認識しやすいと言われている色を使用している為、月齢の低い赤ちゃんでも興味を示すことが出来ます。

まだ視力がはっきりとしない新生児~1、2ヶ月頃までは白黒の面を、生後34カ月頃からはカラフルな色のついた面を見せてあげると良さそうです。4カ月の娘は色のついたトイボールをジーッと見て大喜びしていました。

またトイボールは簡単に取り外すことができるのでママルーを使用しないときはトイボール単品でおもちゃとして使用することもできます。

トイボールを見て大喜び!

トイボールには鏡が付いたものも

④ギャン泣きの時の使用はNG

抱っこをしないと泣き止まないほどのギャン泣きの時はママルーに乗せても泣き止むことはありませんでした。また、眠たくてぐずっている時に寝かしつけをしようとママルーに乗せると更に泣きが強くなる印象でした。

その為、ママルーは泣いている赤ちゃんを泣き止ますという目的ではなく、赤ちゃんが1人で落ち着いている状態を長くするという目的で使用するのが良さそうです。また、お昼寝をさせたい時や赤ちゃんがぐずっている時は、抱っこである程度落ち着かせてからママルーに乗せるとそのまま眠りに入ることがありました。

0の状態からママルーに乗せるのではなくママがある程度赤ちゃんを落ち着かせた状態にしてからママルーに乗せる必要があります。

⑤長時間の使用には向いていない

ママルーは長時間の使用には向いていない印象でした。数十分程度ならぐずることなくトイボールを見つめたり、ママルーの揺れで落ち着いて過ごせていましたが、1時間以上の使用は飽きてしまったのかぐずってしまうことが多かったです。

その為、休憩したい時や家事に集中したい時など数十分程度の使用がおススメです。長時間の使用には向いていない印象でしたが、ママがあやさなくても1人で落ち着いてくれる時間が数十分あるだけでも気持ちの余裕に繋がりました。

⑥手軽に移動はできない

ママルー本体は安定感があり赤ちゃんがバタバタと手足を動かしても本体が転倒する心配がありません。一方で重さがあるので手軽に移動ができないというデメリットがあります。

また使用中は電源コンセントと常に接続しておく必要があるのでママルーを置く場所は限られてしまいます。

⑦丸洗い可能なリクライニングシート

ママルーのリクライニングシートはチャック式で簡単に取り外し、丸洗いすることが可能です。常に清潔を保つことが出来るのはママには安心できるポイントです。またリクライニングシートはメッシュ素材なので熱がこもりにくく汗っかきな赤ちゃんでも快適に過ごすことが出来ます。

 

3.ママルーを使用する際の注意点

①使用期間は「新生児から腰が据わるまで」

ママルーの使用可能期間は新生児~体重11.3kg(腰が据わる)までとされています。一般的に赤ちゃんの腰が据わる月齢は9カ月から10ヶ月とされています。

自己判断で使用期間を過ぎた後も乗せると事故に繋がりかねない為、使用期間は正しく守る必要があります。

②ママがあやさない=目が離せるではない

ママルーはママの代わりに赤ちゃんをあやしてくれることからベビーシッターバウンサーと呼ばれていますが決して使用中に赤ちゃんから目を離していいというわけではありません。

万が一の事故を防ぐためにもママルーの使用中は常にママの視界に入る範囲で使用しましょう。また使用中は付属のシートベルトの着用が必須です。

 

4.みんなの口コミを紹介

@mimikoko611925さん

View this post on Instagram

2019.11.17 こんにちは。 . 今日は急遽4ヶ月ぶりに美容院🤤 ちょっとすっきりするかな。 . 日々抱っこしながら長男の相手はイライラが募っていた私を見て、旦那さんがポチしてた電動バウンサー。 #楽天roomに載せてます . これさえあれば絶対寝る!ってわけではないけど、結構助けられてます。合う合わないあると思うけど、うちの子にはまあまあ合ってるのかな。 揺れ方もサウンドも数種類、揺れの速度も5段階あってなかなかやってくれます😉 . わたしも乗りたい。 . . . #マイホーム #マイホーム記録 #家づくり #注文住宅 #白黒 #モノトーン #monotone #simple #シンプル #北欧 #インテリア #interior #ミニマリスト #持たない暮らし #シンプルな暮らし #丁寧な暮らし #子供のいる暮らし #モノトーンインテリア #シンプルインテリア #シンプルホーム #収納 #赤ちゃんのいる暮らし #海外インテリア #出産準備 #kufura #ベビーグッズ #購入品 #バウンサー #ママルー

A post shared by mina (@mimikoko611925) on

出典:https://www.instagram.com/p/B488FGkgqrM/?utm_source=ig_web_copy_link

@nono.0501さん

View this post on Instagram

   2020.07.28  @4momsjp 様のキャンペーンで当選した 電動バウンサー『ママルー』 ずっと気になってたバウンサーだったから めちゃくちゃ嬉しかったです😍✨  形も近未来感がすごいし、 スマホからアプリに接続して 遠隔操作、音楽も流せます🙌🏼   さっそく乗せてみましたが 大人しく乗ってました🤩!  これから愛用します👍🏼  値段もすごい高い訳じゃないので おすすめです✨✨✨  papa👦→ @motoki.g  mama👩→ @c__10501    ✍🏻 papa   @cozre @baby.life__ @babyful_official  @mamari_official  @kodomono_photo   #女の子 #コズレ #夫婦 #GoProのある生活 #ママリ #モニター募集 #コドモノ #モニターモデル募集 #コドモダカラ #ままのて #babygirl #公式たまひよグラマー #家族写真 #ベビライフ #一眼レフ #ミラーレス #写真好きな人と繋がりたい #ベビフル #mamagirl #キズナ #まいひよ #たまひよ #赤ちゃんのいる生活 #エルゴベビー #生後2ヶ月 #モニター #ベビーカー #公式たまひよグラマー #電動バウンサー #ママルー #fqキッズフォト

A post shared by nono☺︎ (@nono.0501) on

出典:https://www.instagram.com/p/CDL-BZ1pMi7/?utm_source=ig_web_copy_link

@cho.co266さん

出典:https://www.instagram.com/p/CEEmgp2paVH/?utm_source=ig_web_copy_link

 

5.ママルーはこんな人におススメ!

①ほかに兄弟姉妹がいる人

兄弟姉妹のお世話でなかなか手が離せないママにはママルーはおススメです。兄弟姉妹のお世話をしている最中もママルーがママに代わって赤ちゃんをあやしてくれる為、ママも余裕を持ってお世話や家事に取り組むことが出来ます。また、ママルーに乗せている間、兄弟姉妹があやまって寝ている赤ちゃんを踏んでしまう心配もありません。

②抱っこが出来ない時に

赤ちゃんを抱っこし続けることによって腱鞘炎になるママも少なくありません。赤ちゃんを抱っこしてあげたいけれど抱っこが出来ないという時にママルーがママの代わりに赤ちゃんをあやしてくれるのでママも安心して過ごすことが出来ます。掃除や料理中などなかなか手が離せない日常の場面はもちろん、病気やケガなどの緊急の場面でもママルー大活躍してくれます。

仕様

名称 ママルー4
サイズ 高さ:約65cm 幅:約50cm 奥行き:83cm
本体重量:8.6kg
シート素材:ポリエステル100%
付属品:本体、ソフトトイ、MP3プレイヤー接続ケーブル
使用期間:新生児~体重11.3kg(腰が据わる)まで
保証:1
価格:デザイナーズ:¥33,000(税抜き) クラシック:¥30,000(税抜き)
カラー:Multi(マルチ)Gray(グレー)

関連記事

  1. 【比較記事】人気自動調理器3つを実際に使用レビュー!コスパNo.1はど…

  2. 【レビュー】srs-ws1は振動と包み込まれる音で最高の臨場感!実際に…

  3. 【プロが解説】DJI Osmo Pocketを現役カメラマンが実写レビ…

  4. 【口コミ】バーミキュラのライスポットを現役主婦がレビュー!普段のお米が…

  5. 現役カメラマンによるソニーSEL24105Gの実写レビュー満載!群を抜…

  6. 【最新レビュー】Thule(スーリー)のベビーカーを現役ママが徹底解剖…

  7. 【口コミ】ホットクックで家事が楽に!現役主婦のレビューをお届け!

  8. 【感動】SIGMA 24-70mm F2.8 DG DN の実写レビュ…