ルンバe5の口コミと現役主婦による写真付レビュー!デメリット,他機種との比較なども解説!

 

毎日やってもやっても片付かない家事…。主婦のみなさんにとって、少しでも家事の負担が減ると助かりますよね…。そこでおすすめなのが、お掃除ロボット「ルンバe5」。ルンバe5は、主婦のみなさんに代わって家中を自動で掃除してくれます!

しかし、ルンバと言えば高価格で手を出しにくいイメージがありますよね…。

実は、今回ご紹介するルンバe5は、高機能&低価格とコスパ抜群のアイテムなんです!

実際に私もルンバを使用しましたが、毎日の掃除をお任せすることで、時間にも気持ちにも余裕が生まれました!

今回は、実際にルンバe5を使用したレビューや、みんなの口コミをご紹介します。

ルンバe5の使用を検討している方は、是非参考にしてくださいね。

1、ルンバe5の特徴

アイロボットから販売されているお掃除ロボット「ルンバe5」。数多くのシリーズが展開されているルンバ。中でもルンバe5は、ハイエントリーモデルさながらの機能性を持ちつつ、価格帯は4~5万円台というコスパ最強のシリーズです。そんなルンバe5の特徴はこちら。

(出典:https://www.irobot-jp.com/product/e5/)

①毛や埃が絡まりにくいデュアルアクションブラシ

ルンバe5は、ゴム製のデュアルアクションブラシを採用しています。髪の毛や埃が絡まりにくい設計になっているので、微細な埃やペットの毛まで次々と吸い取ります。また、パワーリフト吸引によって、ベーシックモデルであるルンバ600よりも吸引力が5倍にアップしています。(ルンバ600は毛ブラシを使用。)

(出典:https://www.irobot-jp.com/product/e5/)

②目には見えないハウスダストまでしっかり除去

ルンバe5は、特殊な素材でつくられているダストカットフィルターを搭載。目には見えない埃や花粉などの微細な汚れまで、99%除去します。

(出典:https://www.irobot-jp.com/product/e5/)

③センサーが感知して集中的に清掃

ルンバe5は、ゴミや汚れの多い場所を感知するダートディテクトテクノロジーを搭載。センサーが綺麗になったと判断するまで、集中的に清掃します。

(出典:https://www.irobot-jp.com/product/e5/)

④クリーンヘッドの高さを自動調整

ルンバe5は、床に敷いたラグやマットも軽々と乗り越えるので、わざわざ剥がす必要はありません。また、床の種類に合わせてクリーンヘッドの高さが自動で調整されます。カーペットなどの汚れが溜まりやすい箇所も、隈なく綺麗に掃除してくれます。

(出典:https://www.irobot-jp.com/product/e5/)

⑤あらゆる住環境に対応するセンサー

ルンバe5は、部屋の状況を把握する高速応答プロセスiAdaptを搭載しています。数十のセンサーで、部屋の間取りや形を正確に把握するので、部屋中の清掃が可能です。

(出典:https://www.irobot-jp.com/product/e5/)

⑥スマートスピーカーやアプリと連動させて効率化

ルンバe5は、GoogleアシストやAmazonアレクサなどのスマートスピーカーと連動できます。わざわざボタンを押さずに、呼び掛け1つで清掃を開始してくれます。また、スマホアプリと連動させると、外出先にいても操作することができます。

(出典:https://www.irobot-jp.com/product/e5/)

2、実際にルンバe5を使用してみた

それでは早速、ルンバe5を使用していきましょう!

①ルンバe5を開封!

早速ルンバe5を開封!気になるロボット本体はこんな感じです。

サイズは、最大幅351mm×高さ92mmとのことですが、500mlペットボトルを並べてみるとこのくらいのサイズ感。

▼高さはペットボトル1/3程度

実際に持ってみるとずっしりと重さがあります。(公式HPには4kgと記載)

裏側には、ゴム製のデュアルアクションブラシが取り付けられています。

それぞれのボタンは…

(左から)

HOMEボタン:ホームベース(充電スポット)に戻ります。

CLEANボタン:清掃を開始します。

SPOTボタン:特定の範囲のゴミを集中的に清掃します。

ルンバe5の付属品はこんな感じです。

▼ホームベース(充電器)、充電器用電源コード

ペットボトルと並べてみると、ホームベースのサイズ感はこんな感じ。

▼デュアルバーチャルウォール

このデュアルバーチャルウォールは、ロボットにしか見えない壁をつくり、清掃させたくない場所にロボットを立ち入らないようにしてくれます。

▼取扱説明書等

②ルンバe5のセット方法

まずは、ホームベースを設置します。

ホームベースは、コンセントの近く&Wi-Fiの電波が良く届く場所に設置しましょう。

設置後に、電源コードをホームベース、コンセントに接続します。

接続する際は、コードがロボットの通り道をふさがないように配置するのがポイント。

次に、ロボットをホームベース充電用接続部の位置に合わせて置きます。

▼ロボットとホームベースの●部分が向かい合うように

▼全体像はこんな感じに

配置後に、起動を知らせる音が鳴ります。これでルンバe5の設置方法は完了です。

組み立てるパーツなどがなかったので、機械音痴の私でもスムーズにセットできました!

③アプリのセットアップ方法

次に、アプリの設定をしましょう。

Apple storeまたは、Google playから「iRobot HOME」をダウンロードします。

ダウンロードが完了したら、アプリの指示に従って「居住国」「言語」「利用規約への同意」のチェック、アカウント登録をします。

続いて、使用するルンバの登録を行います。

画面の手順に従い、

【ロボットの登録】→【位置情報の許可】→【ロボットに名前をつける】と進みましょう。

▼お好みの名前を登録

次に、ルンバをWi-Fiに接続します。

【以下のネットワークに接続します】という画面が表示されます。

接続したいWi-Fiで正しければ、【はい、続けてください】を選択し、Wi-Fiのパスワードを入力してください。

最後に、このような画面が表示されます。

画面の指示に従って、「SPOTボタン」と「HOMEボタン」を同時に2秒以上押し続けます。指を離すとルンバからお知らせ音が鳴り、Wi-Fiの接続が完了します。

アプリに分かりやすい手順が表示されるので簡単に設定できました!

④清掃スタート!

それでは早速ルンバe5を起動しましょう!

(清掃する前に、床の上に衣類や玩具など物がない状態にしてください。)

清掃を開始するには、ロボット本体中央の【CLEAN】ボタンを押します。

▼アプリで操作する場合は、アプリ上の【清掃する】というマークを押しましょう。

それでは清掃スタート!

清掃中の音の大きさについては、通常の掃除機と変わらない気がします。

 

▼我が家には厚さ1cm程のジョイントマットが敷いてありますが、軽々と乗り越えました。

▼コードなどの配線が多いゾーンになると少々動きが鈍くなりました。ルンバを使用する際は、配線も片付けた方が良さそう…。

⑤ルンバe5の吸引力を実験してみた

ルンバe5の吸引力は一体どのくらい優れているのでしょうか…?実際に、床に小麦粉を撒いて、吸引力を調べてみました!
(※処分し忘れていた賞味期限切れの小麦粉を使用しました!)

小麦粉が撒かれた状態(清掃前)

▼小麦粉が撒かれたフローリングを、早速ルンバに掃除してもらいましょう!

たった1回小麦粉の上を通過しただけで、勢いよく吸っているのが分かりますね!

小麦粉の上を3往復程度したところでルンバをストップ!

▼ルンバ清掃後の床はこんな感じになりました。

フローリングの溝に入ってしまった小麦粉は残っていますが、十分すぎるほど吸ってくれました!

▼溝に入った小麦粉をかき出し再度ルンバで吸わせると、跡形もなく吸い取ってくれました!

結論:ルンバe5は、短時間で綺麗にしてくれる優れた吸引性あり! 

⑥ルンバe5のお手入れ方法

(1)ダスト容器のお手入れ方法

ルンバの清掃力を保つために、使用後はダスト容器を必ず空にしましょう。まずは、ルンバの側面にあるダスト容器取り外しボタンを押して、ダスト容器を取り外します。

▼ゴミ箱マークがダスト容器取り外しボタン

こんな感じに開きます

▼ダスト容器を開くと、1回の使用でこんなにゴミが溜まっていました。

ダスト容器の汚れが気になる場合は、フィルターを取り外した後に、水またはぬるま湯で洗い流してください。

水洗いする際は、必ずフィルターを取り外します。

▼フィルターはダスト容器の側面に取り付けられています

▼フィルターの両端をつまみながら引き出すと、取り外せます。

▼水洗い後のダスト容器

ダスト容器が空になったら、再度ルンバ本体に取り付けましょう。

ダスト容器のお手入れは、毎回必要な作業になりますが、簡単にできるので特に面倒には感じませんでした!

(2)ブラシのお手入れ方法

詰まりを防ぐために、ブラシは月1回を目安にお手入れをしましょう。

汚れが気になる場合は、お手入れの頻度を増やしても問題はありません。

▼1回の使用でもブラシの表面は結構汚れていますね。

まず、ブラシ取り外しレバーを持ち上げて、埃などの異物を取り除きます。

▼ブラシ取り外しレバーを持ち上げた状態

次にブラシを本体から外します。

▼ブラシは両端から簡単に外せます

▼ブラシを全て取り外すとこんな感じ。

1回の使用でこんなに汚れていました…。

次にブラシに付着したゴミを取り除きます。

今回は、小麦粉が付着していたので、水を絞った雑巾でブラシを拭きました。

各ブラシの両端にある、四角形・六角形の軸の周りにたまっている髪の毛やゴミも忘れずに取り除きましょう!

▼細かな部分も忘れずに!

汚れを取り除けたらブラシを元の位置に戻します。

▼お手入れ完了後のデュアルアクションブラシ

ブラシは簡単に取り外せるので、手軽にお手入れができます。

3、ルンバe5のメリット

①掃除機をかけていた時間が自由時間に

ルンバe5を使用して最も感じたメリットは、自由時間が増えたことです!使用する前は、掃除機をかける時間が減っても生活に変化はないのでは…?と思っていました。しかし実際にルンバe5を使用してみると、明らかに時間にも気持ちにも余裕が生まれました。

ルンバに掃除をしてもらいながら、同時並行で他の家事が進むのは、効率よく動けている感じがして気分がいいです!(笑)

毎日必要な家事だからこそ、お任せできるのはとっても助かりますね。

②清掃力が高い!

通常の掃除機を使用していた頃は、髪の毛や埃が取り切れていないこともありました。しかし、ルンバを使用してから、床の汚れが気にならなくなりました。家族からも、ルンバを使用してから床が毎日綺麗と大好評です!

我が家の娘はまだハイハイをしている月齢なので、床の汚れには特に注意していますが、ルンバなら安心して掃除をお任せできます。

③アプリがとにかく便利!

アプリを使用すれば、どこからでもルンバを操作することができるので、外出してから掃除機のかけ忘れに気づいても、すぐにルンバで掃除できます。また、アプリには予約機能があり「帰宅後」「夕食後」とスケジュールを事前に登録することが可能です。部屋が汚れやすいタイミングに合わせて、自動で掃除を開始してくれるので、常に家を綺麗に保つことが出来ます。

4、ルンバe5のデメリット

①家具にぶつかりやすい

ルンバe5は、割と派手に家具や壁にぶつかります(笑)我が家では破損したり、傷ついたりしたことはありませんが、万が一を考えると、賃貸の方は注意した方がいいですね。

どうしても心配な場合は、デュアルバーチャルウォールを駆使して、ロボットを侵入させないようにする必要があります。

▼デュアルバーチャルウォールを置いたゾーンには侵入しません。

②毎回床の物を片付けなければいけない!

使用する際に、ルンバが誤って吸い込んでしまうのを防止する為に、床に置いてある衣類や玩具を片付ける必要があります。

我が家はまだ子供が小さいので、あちこちにおもちゃが転がっています。片付けても片付けておもちゃが出てくるので、常に床に玩具を置かないというのも難しい…。毎回起動する前に、床の物を片付けるのは少し面倒さを感じました。

ただ、床に物を置かないという良い習慣が身に着くというメリットもありますね(笑)

③帰還できないことも…

清掃終了の音がしたと思ったら、途中で止まっていたり…。ホームベースの前を行ったり来たりして、ルンバ自身で帰還できないことがあります。

もちろん頻繁に起こるわけではありませんが、ルンバはずっしりと重さがあるので、戻すのがとても面倒でした…。

ただ、自分で戻れなかった時や、途中で止まった時にアプリから【ルンバが助けを求めています】とお知らせが来るのが、なんだか可愛らしく憎めなかったです(笑)

④場所によってはルンバが使えない

ルンバe5は、リビングやダイニングなどある程度広い部屋の場合、問題なく使用することができました。一方、トイレや洗面台などのように、スペースが狭い部分だとルンバが上手く回りきれず十分に清掃することができませんでした。ルンバが入りきれない&狭い部分は、自分で掃除が必要です。

5、ルンバe5を使用したみんなの口コミ

①家事の負担が減った

ルンバe5の口コミでは「家事の負担が減った」という声が多数ありました。他の家事をしている間はもちろん、外出中や仕事に行っている間に掃除をしてくれるので、いつでも綺麗な部屋をキープできますね。

 

この投稿をInstagramで見る

 

nori(@norinmomo)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

hiro(@hiro_diet)がシェアした投稿

②とにかく綺麗になる

ルンバe5は、吸引性がとっても優れているので、掃除の仕上がりにみなさん大満足な様子!掃除機はもう2度と使えないという声もありました。

③価格が安い

ルンバは、高性能モデルとなると価格が10万円台になる物も…!一方でルンバe5は高性能ながら価格が安いので、購入に至った人も多いようです。

④途中で止まってしまう

ルンバe5は、途中で止まってしまったり、ホームベースまで自分で帰還できないことが多いようです。どこで止まっているのか分からず、探しに行った人も…(笑)

 

この投稿をInstagramで見る

 

まこっつ(@makotty345)がシェアした投稿

⑤音がうるさい

お掃除ロボットと言っても、通常の掃除機と音の大きさが変わらなかったという声が多数。音が気になる人は、外出中に起動するという解決策も!

⑥床に物を置けない

「床に物を置けない」というルンバの特徴は、意見が分かれました!不便に感じた、片付けが面倒…という意見もある一方で、おかげで部屋が綺麗になったという声も…。

6、ルンバ900・800・600との違い

数多くのシリーズが展開されているルンバ。一体その違いは何なのでしょうか?今回は、ハイエントリーシリーズである「ルンバ900」「ルンバ800」、そしてベーシックシリーズの「ルンバ600」との違いについて解説します。

①清掃力の違い

ルンバを選ぶ上で最も重要な「清掃力」。今回は、吸引力・クリーニングシステム・メインブラシの3項目で、清掃力の違いを比較します。

(1)吸引力

ルンバの吸引力は、ベーシックシリーズであるルンバ600を基準にすると、5倍・10倍・40倍と段階が異なります。

シリーズ 600 900 800 e5
吸引力 1倍 10倍 5倍 5倍

 

吸引力に関しては、ハイエントリーシリーズであるルンバ900が最も優れています。

(2)クリーニングシステム

ルンバに搭載されているクリーニングシステムは、「AeroForce3段階クリーニングシステム」「3段階クリーニングシステム」の2種類です。

「AeroForce3段階クリーニングシステム」では、ルンバの内部に真空状態を作り出すことで吸引力をアップさせています。

シリーズ 600 900 800 e5
クリーニングシステム 3段階クリーニングシステム AeroForce3段階クリーニングシステム AeroForce3段階クリーニングシステム AeroForce3段階クリーニングシステム

 

クリーニングシステムに関しては、ルンバ600以外の3機種は全てAeroForce3段階クリーニングシステムを搭載しています。

(3)メインブラシ

ルンバのメインブラシは、「ゴム製ブラシ」と「毛ブラシ」の2種類です。

ゴム製ブラシの場合、埃や髪の毛などが絡まりにくい設計になっている為、清掃力が優れており、お手入れも簡単です。一方、毛ブラシの場合は、埃や髪の毛が絡まりやすいので、お手入れの頻度も多くなってしまい、使い心地はイマイチ…。

シリーズ 600 900 800 e5
メインブラシ 毛ブラシ ゴム製 ゴム製 ゴム製

 

ルンバ600以外の3機種は、どれもゴム製ブラシを採用しています。

②バッテリーの違い

ルンバに部屋中を綺麗にしてもらうには、長時間稼働してもらうことがポイントです。そこで今回は、稼働時間・自動再開機能の2項目で、バッテリーの違いを比較します。

(1)稼働時間

「稼働時間」を目安に、1回の充電でどのくらいルンバが稼働するのかを比較します。

シリーズ 600 900 800 e5
稼働時間 90分 120分 60分 90分

 

ハイエントリーシリーズである800よりも、ベーシックシリーズの600の方が稼働時間が長いという意外な結果に…!部屋の広さによって、適する稼働時間は変化しますが、ワンルームや1人暮らしの場合は、どのモデルでも十分な稼働時間です。

(2) 自動再開機能

ルンバには、充電が切れたら自分で充電場所まで戻る「自動充電機能」が、全機種に備わっています。さらに、充電が切れた場所を覚えて、充電後に自動で掃除の続きをする「自動再開機能」が搭載されているモデルもあります。

自動再開機能が搭載されている場合は、稼働時間が短くても不便に感じることは少ないでしょう。

シリーズ 600 900 800 e5
自動再開機能 なし あり あり なし

 

結果をみると、ハイエントリーシリーズのみに自動再開機能は搭載されているようです。

③価格の違い

ルンバを選ぶ上で、譲れないのが「価格」。やはり、高機能になるほど、価格も上がってきます。あれもこれも…とせずに、部屋の広さや生活スタイルなど、自分に必要な機能を吟味してから選ぶのがポイント。

シリーズ 600 900 800 e5
価格帯 3~5万円台 5~8万円台 3~5万円台 4~5万円台

 

④コスパ最強なのはルンバe5

それぞれのルンバを、清掃力・バッテリー・価格で比較しましたが、最もコスパが良いのは「ルンバe5」だと感じました。

清掃力に関しては、ハイエントリーモデルと同様の機能性を持っています。また、バッテリーに関しては、自動再開機能は搭載されていないものの、1回の稼働時間が90分と長い為、問題なく使用できます。

機能性も価格も諦めたくないという人は、コスパ◎なルンバe5がおすすめです!

7、ルンバe5はこんな人におススメ!

①家事や仕事で忙しい人に

仕事や家事、育児…毎日忙しい人にルンバe5はおすすめのアイテムです。他の家事をしている間や、仕事に行っている間に、掃除をしてくれるので時間の節約にもつながります。

我が家は、子供が小さいので、なかなか思うように家事が進まずイライラすることも…。ですが、ルンバe5を使用してからは掃除をお任せできるので、時間&気持ちの余裕が生まれました。今では、育児と家事の両立には欠かせないアイテムです。

負担が大きい家事だからこそ、ルンバe5にお任せしましょう!

②ペットを飼っている人に

ルンバe5は、ペットを飼っている人に、是非おすすめのアイテムです!ペットを飼っている場合、毎日の掃除が必須!かといって、1日に何回も自分で掃除をするのは、手間も時間もかかりますよね…。そんな時にルンバを使えば、手間をかけずに、毎日綺麗をキープしてくれます。

また、ルンバe5はハイエントリーモデルさながらの吸引力。抜けやすいペットの毛も、隅々まで綺麗に!

③価格が理由でルンバを諦めていた人に!

これまでルンバを購入したかったけど、価格が理由で諦めていた…。そんな人にこそ、ルンバe5はおすすめです!ルンバe5は、ハイエントリーモデル並みの機能性を持ちながら、価格はベーシックモデル並みの低価格と、コスパ最強です。実際に今回ルンバe5を使用してみて、吸引力や操作性など、機能性に対してもっとこうだったら・・・と不便に感じることはありませんでした。

低価格でも十分に働いてくれるコスパ最強のルンバe5。これまで価格が理由でルンバを諦めていた人にこそ、是非試してほしいアイテムです!

8、仕様

サイズ:直径35.1cm、高さ9.2cm
重さ:約4.0kg
電源方式:充電式リチウムイオン電池
充電時間:約3時間
集塵方式:ダストビン式(紙パック不要)
セット内容:ルンバ本体、バッテリー(内蔵)、ホームベース、デュアルバーチャルウォール×1、交換用ダストカットフィルター×1、電源コード、乾電池 ※動作確認用
稼働時間:最大90分※1回の充電につき。部屋の形状や床の状態、バッテリーの状態などにより異なります。

関連記事

  1. 【プロが解説】“骨盤おしりリフレ”を現役セラピストが徹底レビュー!専門…

  2. 【最新レビュー】Thule(スーリー)のベビーカーを現役ママが徹底解剖…

  3. パナソニックのベビーモニター「KX-HC705-W」の口コミと現役ママ…

  4. 【プロが解説】ソニーのFE135F18GMを現役カメラマンが実写レビュ…

  5. 【プロが解説】ソニーのFE85F14GMを現役カメラマンが実写レビュー…

  6. ベビービョルンのバウンサー『Bliss』の口コミと現役ママによる使用レ…

  7. 【プロがレビュー】GoPro Hero9を現役カメラマンが実写レビュー…

  8. 【口コミ】我が子も夢中!ジャンパルーを現役ママがレビューしました!