【プロが解説】“骨盤おしりリフレ”を現役セラピストが徹底レビュー!専門家視点のメリット・デメリットをご紹介

 

デスクワークなど長時間座りっぱなしで腰やおしりが疲れる。
毎日子どもを抱っこして腰が痛い。
産後で骨盤が開いている。

こんなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。
しかしこのご時世、マッサージにもなかなか行けないですよね…

そこで今回おすすめしたいのが、自宅で簡単にながらケアができる「骨盤おしりリフレ」。

この記事ではそんな骨盤おしりリフレの使用方法や実際に使ってみた感想も紹介しているので、骨盤周りにお悩みを抱えている方はぜひ参考にしてください♪

1、骨盤おしりリフレとは?

骨盤おしりリフレとは、骨盤周りやおしり、太ももの筋肉をエアーバッグでギュっと引き締めてくれるPanasonicのマッサージ器です。

ずっと座りっぱなしで疲れた腰や、運動などをして張ってしまったおしりや太ももにアプローチしてくれます。

また、骨盤おしりリフレには14個のエアーバッグが搭載されており、骨盤周りやおしりをしっかりとホールドしてくれます。

▼14個のエアーバッグ


https://panasonic.jp/massage_parts/products/ew-ra79.html)

圧迫のタイミング・ため・動きも徹底的に追求し、プロさながらのマッサージを再現。

疲労回復、血行促進、コリや神経痛・筋肉痛の緩和が期待できます。

2、骨盤おしりリフレの特徴2つ

骨盤おしりリフレには、使用する上で嬉しい特徴が2つあります。

①場所を選ばないコードレスタイプ

骨盤おしりリフレはコードレスのため、場所を選ばず、手軽に使うことができます。

▼必要なものは単三形電池4本。


https://panasonic.jp/massage_parts/products/ew-ra79.html

Panasonicは充電式ニッケル水素電池の使用を推奨しています。

上記の電池を使用した場合、1回の充電でだいたい10分×12回のマッサージが可能。

アルカリ乾電池を使用すると、極端に使用回数が少なくなるので注意が必要です。

また、コードレスではありませんが、ACアダプターにつないで作動することもできるため、手元に電池がなくても使用可能です。

②選べる4つのコース

骨盤おしりリフレを使用する際は、以下4つのコースが選べます。

1.しめつけコース
骨盤周りの筋肉をしめつけるコース。

脚を組む姿勢が癖になっているなどして骨盤が歪みがちな人、腰痛がある人におすすめ。

2.もみほぐしコース
骨盤周りの筋肉を大きな動きでしっかりともみほぐすコース。

脚を組む姿勢が癖になっているなどして骨盤が歪みがちな人、腰痛がある人におすすめ。

3.ひきあげコース
おしり周りの筋肉を外側から中心に押し上げるコース。

長時間の座り姿勢などで、おしりが凝っていたり、疲れていたりする人におすすめ。

4.つぶしもみコース
太ももの外側や前と後ろの筋肉を中心に、強めにつぶしてもむコース。

立ち仕事や運動などで太ももにだるさを感じている人におすすめ。

それぞれアプローチする箇所や圧迫方法も違うので、お疲れの箇所や自分に合ったコースを選択することができます。

以下で現役セラピストの私が体験してみた感想も紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください♪

3、骨盤おしりリフレの梱包と外観

では、早速骨盤おしりリフレを開封していきましょう。

▼このような箱に入って届きます。

▼500mペットボトルと比べるとこんな感じ

開封してみると以下の4つが入っています。

・骨盤おしりリフレ本体
・ほぐしパット(2つ)
・ACアダプター(約2m)
・取扱説明書

▼中に入っているものはこんな感じ。

今回はピンクのものを使用しましたが、本体はピンクとブラックの2色があります。

また、ほぐしパットは肘で押す感覚をイメージしたパッドで、ピンポイントで圧を加えるのに役立つアイテムです。

後ほど使い方や使った感想はご紹介します♪

▼本体を折りたたんだサイズはA4用紙と同じくらい

コンパクトに折りたためるため、収納場所にも困りません。

4、骨盤おしりリフレの操作方法

次に骨盤おしりリフレの電源の入れ方やリモコンの操作方法をご紹介します。

先程も紹介しましたが、骨盤おしりリフレは電池またはACアダプターを使用して起動させます。

まずはそれぞれのやり方について説明していきます。

①電池を使用する場合

電池を使用したい場合は単3形電池4本を準備しておきましょう。

手順①:スナップボタンを外して生地をめくる。

▼〇の部分を外します。

手順②:めくったら電池カバーを外して電池を入れる

▼下にスライドすると電池カバーが外れます

手順➂:生地を戻してスナップボタンで固定する

これでコードレスで使用することができます♪

②ACアダプターを使用する場合

手元に電池がないという方はACアダプターでも使用可能!

手順①:電池の時と同じく、スナップボタンを外して生地をめくる

▼〇の部分を外します。

手順②:ACアダプターを側面にある差込口に差し込む

▼電池をいれる部分の側面にあります

手順➂:電源プラグをコンセントに接続する

ACアダプターは2mぐらいあるので、多少離れている場所でも使用可能です◎

ちなみに電池とACアダプターの併用はNG。

ACアダプターを使う際は電池を抜いておくようにしましょう。

③リモコンの操作方法

次にリモコンの操作方法についてご紹介します。

リモコンは電池を入れる部分の上部にあります。

▼ちなみに装着した後は自分の右側にリモコンがきます

リモコンで操作できることは以下の3つ

➀電源のON/OFF

②コースの切り替え

➂強さの調整

電源のON/OFFは➀の電源ボタンを押すだけ。

コースの切り替えは②の右側にあるスイッチを動かすだけ

強さの調整は➂の右側にあるスイッチを動かすだけ 以上

とっても簡単ですよね♪

強さは3段階ありますが、使い始めは「弱」で設定し、慣れてきたら上げていくようにしましょう!

④ほぐしパットの使い方

▼付属品にほぐしパットというものがあります。

こちらは梱包のところでも紹介しましたが、肘で押す感覚をイメージしたパッドで、ピンポイントで圧を加えるのに役立つアイテムです。

使う箇所はおしりと太もも外側の2点です。

▼このように上から差し込む感じで入れます

ほぐしパットをあてるポイントは明確に決まっていないので、自分が気持ちいいと思う場所を探してあててみてください。

その際、骨にあたるとすごく痛いので、骨にだけはあてないように注意しましょう!

5、骨盤おしりリフレの装着方法

次に骨盤おしりリフレの装着方法についてご紹介します。

本体の裏には下の写真のように、「中心に合わせる部分」「おしりの下に合わせる部分」と2箇所の目印があります。

▼➀中心②おしりの下

この目印に合わせて本体を巻き付けるだけ。

とっても簡単なので誰でも簡単に装着することができます。

初めて使った私でも10秒程で簡単に装着できました!

それではここから、詳しい巻き方を説明していきます。

①骨盤・おしり周りに装着する場合

この巻き方は「しめつけコース」「もみほぐしコース」「ひきあげコース」を使用する際の巻き方です。

手順➀: 事前にリモコンでコースと強さを選ぶ

途中でコースや強さの変更は可能ですが、特に寝ている体勢で行う時はリモコンが見えにくいので操作がしづらいです。

手元で操作ができるものではないので、事前にコースと強さは選んでおくことをおすすめします。

手順②:脚を閉じて、上ベルトの端を持ち、ベルトをおしりにあてる

左右のベルトが同じ長さになるようにおしりにあてます。

この時脚を開いていたり、前かがみになっていたりすると上手く装着できず、適切な位置に適切な圧が入らなくなってしまいます。

装着時の姿勢には注意しましょう!

手順➂:位置を合わせる

合わせる位置は以下の2箇所があります。

1.おしりの下
2.おしりの割れ目のライン

本体にはこの位置に該当する2つの突起があるので、それを適切な位置に合わせます。

この位置がズレてしまうと、適切な位置に圧を入れることができません。

しっかりと正しい位置にあてるようにしましょう!

手順④:上ベルトでまっすぐとめる

正しい位置にあてることができたら、その位置で上ベルトだけ巻きつけます。

しっかりとめることは大事ですが、強く巻きすぎてお腹を圧迫しないように気を付けてください。

ここまではどの体勢でマッサージするにしろ、立ちながら装着しましょう。

次からは体勢によって少しずつ巻き方が変わります。

手順⑤(立ちながら行う場合):そのまま下ベルトを身体に沿うようにしっかり巻きつける

立ちながら行う場合はそのままの体勢で下ベルトも上ベルトと同じように巻きつければオッケーです◎

▼後ろから見た感じ

手順⑤(座りながら行う場合):椅子やソファに座り、下ベルトをとめる

座りながら行う場合は、ここで初めて椅子やソファに座ります。

下ベルトの巻き方は立ちながら行う場合と同じ身体に沿うようにして巻き付けてください。

手順⑤(寝ながら行う場合):ベッドの上で座り、脚をのばした状態で下ベルトをとめる

寝ながら行う場合は、横になる前に座った体勢で下ベルトを巻いて固定します。

手順⑥(寝ながら行う場合):下ベルトまで固定したら仰向け又はうつぶせになる

寝ながら行う場合、ここで初めて仰向けやうつ伏せになります。

マッサージする体勢になる前にベルトは巻きつけておきましょう

▼仰向け

▼うつ伏せ

※撮影の関係上、固い椅子や固い床で行っていますが、実際にしようする場合は柔らかいソファやベッドで行ってください。

応用編:おしりの引き上げ感をより感じたい人は、下ベルトをクロスする

普通の巻き方で物足りないなと感じたら、下ベルトをクロスするという手もあります。

クロスする際、角度を付けすぎるとマジックテープでとまる範囲が狭まり、取れやすくなってしまうので、角度が緩いクロスを作るのがポイントです!

▼良い例

▼悪い例

②太ももに装着する場合

この巻き方は「つぶしもみコース」を使用する際の巻き方です。

手順①:事前に「太もも」コースと強さを選ぶ

骨盤の時と同様、装着してしまうと操作がしにくいので、事前にコースと強さを選んでおくのをおすすめします。

手順②:脚を閉じて、上ベルトの端を持ち、ベルト全体を太ももにあてる

左右のベルトが同じ長さになるように太ももにあてます。

これは立った姿勢で行います。

手順➂:椅子やソファに座って上ベルトをまっすぐとめる

つぶしもみコースは基本的に座った体勢で行います。

太ももにベルトを当てたまま椅子やソファに座って、上ベルトをとめてください。

手順④:下ベルトを沿うようにクロスしてとめる

下ベルトはまっすぐではなく、クロスしてとめてください。

この場合のクロスの角度は急で大丈夫です。むしろ角度をつけないと逆に緩くなってしまいます。

▼コース別におすすめの姿勢があるので、実際に使用する際は参考に。

コース おすすめの姿勢
しめつけコース 寝転びながら(仰向け)
座りながら
立ちながら
もみほぐしコース 寝転びながら(仰向け)
座りながら
立ちながら
ひきあげコース 寝転びながら(うつぶせ)
立ちながら
つぶしもみコース 座りながら

 

注意点

だんだん寒くなってきてこたつが活躍する時期になりましたが、骨盤おしりリフレはこたつでの使用がNGです。

こたつの中で使うと感電する可能性があるため、十分注意しましょう!

6、骨盤おしりリフレを実際に使ってみた

では、実際に現役セラピストの私が使用した感想をお伝えしていきます!

①効果はあった?

1度や2度使っただけでは、骨盤が矯正されたり、おしりが小さくなったりなど、目に見える変化はありませんでした。 

しかし使用中は圧迫されることで血がめぐっていく感じを実感でき、終わった後は血流が良くなったせいか、とてもすっきりしていました。

継続して使っている方の中には、以下のように効果が現れている場合もあるため、継続的に使えば体に変化が現れてくると思います。

▼口コミ

②強さはどんな感じ?

強さは3段階で切り替えられますが、私は「弱」で丁度良かったです。

弱でも十分圧が入り、骨盤やおしり、太ももをしっかりと引き締めてくれました。

装着方法の部分で、よりおしりを引き上げたい場合は下のベルトをクロスするという方法をご紹介しましたが、実際にクロスしてみたところ、私はそこまで大きな違いを感じませんでした。むしろまっすぐ巻き付けた方が固定されている感じがしてよかったです…笑

これは好みによって分かれる部分かもしれません。

③コースの違いは?

実際に4つのコースを試してみたそれぞれの感想をお伝えします!

しめつけコース

しめつけコースは名前の通り、骨盤周りをグッと締め付けられている感覚でした。

他のコースに比べ圧迫されている時間が長いので、産後で骨盤が開きがちなママさん達には特におすすめです!

動きはとても単純で、圧迫して緩めての繰り返し。

長めの圧迫の後、緩めた瞬間に血液がじわっと流れている感覚があり、一気に血流が良くなった感じがしました◎

もみほぐしコース

もみほぐしコースは骨盤周りの筋肉を圧迫するだけでなく、様々な方向からほぐしてくれるので、マッサージを受けている気分になれます♪

しめつけコースは止まっている時間が比較的多いのに対し、もみほぐしコースはずっとエアーバッグが動いている状態です。

骨盤周りに張りや疲れを感じている方にはもみほぐしコースがおすすめ◎

一定のリズムでもみほぐしてくれるので、リラックス効果もあります!

ひきあげコース

ひきあげコースはおしりをひきあげるコースですが、実際に使ってみると下からひきあげてくれる感覚はあまりなく、どちらかと言うといろんな方向から圧を加えておしりを小さくしてくれそうなイメージでした。

私も店舗でお客様の施術を行う際、おしりのマッサージをしますが、骨盤おしりリフレは自分が施術する時に押す箇所と同じ箇所に圧を加えてくれます。

骨盤をしっかりと固定したままおしりの適切なポイントを圧迫してくれるので、おしりが張っている人や疲れている人はとても気持ちいいし、効くと思います!

ちなみに私はこのコースが一番すきです♪

つぶしもみコース

つぶしもみコースでは太ももの裏側と外側を満遍なくほぐしてくれます!

骨盤のゆがみなどが原因で腰痛がある方は、太ももの裏側が張りやすいのですが、この部分も骨盤おしりリフレならしっかりとほぐすことができます。

私も店舗で施術を行う際、腰痛持ちのお客様に対しては太ももの裏をしっかりとほぐすようにしています。

自分ではマッサージしにくい部分だからこそ、骨盤おしりリフレでしっかりほぐせるのは嬉しいポイントですね♪

また、外もも部分も骨盤おしりリフレなら、しっかり圧迫して筋肉をほぐすことができるので、外ももの張りが気になっている方にもおすすめです◎

どんな体勢でやるのがおすすめ?

骨盤おしりリフレは立ちながら、座りながら、寝転びながらと様々な体勢での使用が可能です。

全部の体勢を試してみましたが、どれも圧の加わり方に大きな差はありませんでした。

そのため、自分が一番楽だと思う体勢でやるのがおすすめです◎

ほぐしパッドの効果は?

結論から言うと、ひきあげコースで使用したときはとても気持ちよかったですが、つぶしもみコースで使用したときは痛かったです。

ひきあげコースを使用した時に、おしりにもう少し圧が欲しいなと思っていたのですが、強度を上げると骨盤にかかる圧が強すぎて痛かったので、上げることができませんでした。

そこで悩みを解決してくれたのがほぐしパッド。

私はほぐしパッドを中殿筋にあてたのですが、ちょうど良い圧が入ってきてめちゃめちゃ効きました!

▼おしりの筋肉の場所は以下を参考に


https://panasonic.jp/massage_parts/contents/koshi.html

逆につぶしもみコースの場合、骨盤おしりリフレ本体だけでも十分に圧が入るので、ほぐしパッドを入れると痛すぎました…。

ほぐしパッドを入れるとその部分に結構圧がかかるので、強めが好きな方、ピンポイントで凝ってる場所がある方にはおすすめです!

⑥腰痛にも効く?

腰をダイレクトにマッサージしてくれるものではないですが、間接的に腰痛を緩和させることは可能です!

腰痛は簡単に言うと、
ずっと同じ姿勢→筋肉が固まる→血流悪くなる→腰痛
というメカニズムで起こります。

そこで骨盤おしりリフレを使用することで一気に血流が良くなり、これが腰痛緩和に繋がります。

⑦動作音はうるさい?

骨盤おしりリフレは動作音にも配慮して作られています。


https://panasonic.jp/massage_parts/products/ew-ra79.html

そのため、動作音は気にならないぐらい静かでした。

しかし、残念なことにマジックテープをはがす時の音がうるさい…

周りが静かなところで使用する時は注意が必要です。

7、骨盤おしりリフレのメリット

以下で実際に骨盤おしりリフレを使った方々が「ここが良い!」と感じた点を紹介していきます♪

①おしりを引き上げてくれる

②コードレスだから“ながらケア”ができる

 

この投稿をInstagramで見る

 

mikako(@mikakohisa)がシェアした投稿

③骨盤が引き締まる

 

この投稿をInstagramで見る

 

吉田亜理沙/macle(@maclemacle)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

@michiko.amerがシェアした投稿

みなさんの骨盤おしりリフレへの評価はとても高い印象でした。

特に産後で骨盤が開いていたり、子育てで骨盤や腰回りが疲れていたりするママさんに人気がありました!

コードレスなのでお子さんの面倒を見ながらでも手軽にできるのは、ママさんにとって嬉しいポイントですね♪

8、骨盤おしりリフレのデメリット

良い口コミが多すぎてデメリットとしては、

1.マジックテープの音がうるさい
2.もう少し圧があっても良い

の2点ぐらいしかありませんでした。

▼マジックテープに関する口コミ

 

この投稿をInstagramで見る

 

haritukai(@haritukai)がシェアした投稿

圧に関しては、しっかり圧が入っていて引き締まっている感じがするというプラスの意見が多い中、一部の方は少し物足りなく感じているようでした。

普段よくマッサージを受けている方、強圧がお好みの方は物足りなく感じるかもしれませんが、私は「弱」で丁度良かったので、よっぽど強い圧を求めていない限り、圧に関しては満足できるかと思います。

9、骨盤おしりリフレはこんな人におすすめ

骨盤おしりリフレは以下の人におすすめです!

・産後骨盤が開いている方
・骨盤の歪みを感じている方
・デスクワークでずっと座っている方
・おしりを小さくしたい方

骨盤周りやおしりをギュっと圧迫してくれるので、骨盤やおしりに悩みを抱えている方や、デスクワークで骨盤周りやおしりに張りを感じている方に、特におすすめしたいアイテムです♪

10、まとめ

骨盤おしりリフレは適切な箇所に適切な力加減でマッサージしてくれるので、やっていてとても気持ちがよかったし、血液がじわっと流れているのが感じられました。

装着や操作方法も簡単なので、誰でも簡単に使用できます。

骨盤や、おしりにお悩みを抱えている方はぜひ試してみてください♪

11、骨盤おしりリフレの仕様

-P(ピンク)-K(ブラック)
医療機器認証番号 301AKBZX00007000
寸法:幅 約130(上ベルト)約126(下ベルト)×奥行 約5.5×高さ 約42cm
質量:約900g(ACアダプター・ほぐしパッドは除く)
ベルト対応サイズ:巻き付け周囲 約80~約110cm
仕様電源:(ACアダプター)電源AC 100Ⅴ 50-60Hz(単三形電源<別売>)4本DC4.8-6.0Vパナソニック製充電式ニッケル水素電池推奨
定格消費電力:5W(ACアダプター使用時)

関連記事

  1. ダイソン「ホットアンドクール」の口コミと電気代や性能などを徹底解説!

  2. 【口コミ】メディリフトアイの効果を検証!予想外の結果と効果的な使い方を…

  3. プリネイルの口コミと実際に使ってみたレビューを紹介!自由なデザインを…

  4. 【口コミ】レッグリフレを現役セラピストがレビュー!その効果はいかに…?…

  5. コンビのハイローチェア『ネムリラ』の口コミと現役ママによる仕様レビュー…

  6. 【プロが解説】ソニーのFE85F14GMを現役カメラマンが実写レビュー…

  7. 【料亭の味!?】かまどさん電気を現役主婦が徹底レビュー!家族も大満足の…

  8. ベビービョルンのバウンサー『Bliss』の口コミと現役ママによる使用レ…